蛇蝎変 氷裂文 高足台茶器セット

一度焼きあがったものに調合された白い薬をかけ再度焼きあがったことで生まれるのが〈蛇蝎変(だかつへん)〉の器です。かける薬の濃さによってその表情が変化し、全体を占める瑠璃色がとても綺麗です。これを特に氷裂文と呼びます。4代目長太郎が取り組む〈現代の暮らしへのアプローチ〉のなかで生まれたモダンな茶器。足の付いた独特なフォルムが東欧のような風格を醸し出しています。紅茶を淹れるのに向いているかも知れません。カップが5客がセットになっています。

セット内容: 茶器、カップ5客


リアクション:この記事へのTweet