鹿児島のサツマイモ(紅さつま)を産地直送でお届け!5キロのサツマイモをご用意~サツマイモの歴史~

サツマイモが日本に広まるまで

サツマイモの原産地はメキシコを中心とした熱帯アメリカです。紀元前800~1000年頃では中央アンデス地方でサツマイモの生産が行われており、紀元前200~600年のものとされるサツマイモをモチーフにした土器も遺跡から見つかっています。

サツマイモを乾燥させた根や葉、サツマイモの花が描かれた布も見つかっており、最も古いものは紀元前8000~10000年前とされる炭化した根です。サツマイモは15世紀になるとコロンブスによってヨーロッパへと伝わります。

ヨーロッパは気候が涼しく栽培には不適切な土地でしたが、東南アジアやポリネシアなどに広まっていき、1584年には中国の福建省へと伝わりました。日本に初めてサツマイモが伝来したのは、1597年のことで宮古島に伝わりました。

そこから琉球に伝わり、1614年頃に薩摩へと伝わります。当時は唐芋や琉球芋と呼ばれていましたが、薩摩に伝来したためにサツマイモと呼ばれるようになりました。

薩摩を中心に九州地方で生産されていましたが、蘭学者の青木昆陽によって救荒作物として注目を集めます。1735年にはサツマイモの栽培法を解説した蕃薯考が作られたことで、サツマイモは全国に広まっていきました。

八代将軍徳川吉宗の時代では飢饉の際にサツマイモを栽培することが命じられ、大飢饉が起きたときでもサツマイモによって多くの命が救われました。

鹿児島のサツマイモ(紅さつま)なら【もっちょむ】が産地直送でお届け!

鹿児島のサツマイモ(紅さつま)なら【もっちょむ】が産地直送でお届け!

鹿児島のサツマイモ(紅さつま)をお求めの方はいませんか?【もっちょむ】では、鹿児島産の紅さつまや紅はるかを産地直送でお届けしています。

秋の味覚として親しまれるサツマイモは、おかずからスイーツまで幅広く使える食材です。特に紅さつまは赤紫で甘くてほくほくとしており、どんな料理にも合いますので、お求めの方はぜひ【もっちょむ】をご利用ください。

【もっちょむ】では5キロのサツマイモをご用意

【もっちょむ】では5キロのサツマイモをご用意

【もっちょむ】では5キロのサツマイモをご用意しています。紅さつまや紅はるかなどお好みのサツマイモをお求めください。購入したサツマイモは、新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所で保存することをおすすめします。

水気に弱いため、冷蔵庫での保存は避けましょう。上手に保存することで長くおいしく楽しむことができます。鹿児島のサツマイモなら【もっちょむ】でお求めください。

鹿児島のサツマイモを通販で取り寄せ!【もっちょむ】

サイト名 もっちょむ
住所 〒890-0055 鹿児島県鹿児島市上荒田町25−8 コンフォートさくら1F
電話番号 099-296-1892
公開メールアドレス info@mochom.com
ホームページアドレス http://www.mochom.com

リアクション:この記事へのTweet